血垂れのリボンタイ

思いついたからどうしても描きたかった。

 

しばらく短期出張みたいなことをしていて画材とは遠ざかっていた。

久しぶりに家に帰ってきて部屋に画材があふれていることを嬉しく思う。長年かけて集めてきた物達。

中でもやっぱりアクリル絵の具が好きだ。

マットな質感が最高だし何度も重ねられるから修正がきく。なにより乾くのが早くてうれしい。

油絵とかもやりたいんだけど、結構においがキツイので普通の部屋だと困るし、

何日たっても乾かなくて周りの物がやたらと汚れるので手を出しにくい。

ただ、最近はにおいが気になりにくい製品も出ているらしいのでいずれは試してみたいな。

 

絵を描いてはいるがなかなか完成まで漕ぎつけない日々です。

途中で飽きる、というかすぐ別の絵が描きたくなる。1枚1枚のテーマが弱いのかもしれない。

あと描いている時に頭に血が上りすぎることがあってすごく疲れる。

冷静な気持ちで分析しつつ描くものの方が、見やすいことはなんとなく分かっているけれど

なかなかその時々の感情を切り離して俯瞰で見るのは難しい。

感情に支配された描き方をしていると自分でも思う。

それで構わないし、せめて絵だけは自分のためのものであってほしい。

 

そういう思考のせいか、仕事はすっかり絵から離れてしまった。

多少はデザイン的なこともやっているけれど、絵が描けるからといってデザインもできるかと言われると

そうでもなかったりする…と思う

キャラ描けるからUIデザインもできるでしょと任されたことがあるけど、別物なんじゃないかな。

興味の対象が違うというか。

たまにどっちもできる人がいるけどそれはどっちも好きな人なんだろうな。

私はそうじゃないから、振り落とされないように必死で勉強中です。

グループ制作は自分のための絵だから、引き続き頑張ります。