話を聞くことで癒してあげられるから人と会うなんて言ったけど

癒されているのは、エネルギーをもらっているのはいつも自分の方だ。

評価されない場所で消費されないものを描いていく

それがたぶん自分には合ってる

表現ひとつひとつに良いも悪いもない。

無意味なものこそ大事にしたい。

語るべきは
構図・ポージングという枠ではなくて
それを用いて何が描きたいのかということだ。

自分が見たいものを描けばいいんだ

テンプレート化・感情想起装置という言葉に嘆かなくていい。

もっと素直に描きたいものを描くべきだ。

”絵描き”という肩書は必要はない。

自分を自分として、だらだらと思うことをどんな形でも表現すればいい。

おしゃべりでも

文字でも記号でも

それでいい。ただひたすらに思考の保存をしようじゃないか。

一昨日くらいから絵をかいてます。

今回は結構考え込まずに描けてるかな。

でも自分の手の遅さにうんざりする。

と、いうか本当に時間が確保できない。

やりくりがへたくそなんだよな。

誰かのために自分を犠牲にすることに慣れるとこうなる。

そしてそれをさほど悪いことだとはとらえていないのだ。

近くにいる人が、話を聞いてあげるだけで明日もがんばれるっていうなら

わざわざ絵という遠回りをしなくても、

ダイレクトに人を癒してあげられるならそっちを優先する。

 

でもどうだろう。それは単に習慣的なことで

本当は自分のために生きたいと願っているのだろうか。

満たされることはない。どんな状況になっても。

その中で何を選択する?

自分のためだろうが誰かのためだろうが

そんなことはどっちだっていいんだ。

いつも同じ虚無感につつまれている。何を選んだって変わらない。

ただただ、一人の人間でしかない。動物でしかない。細胞の塊でしかない。

作られたシステムの中で、プログラム通りに動くだけ。

そんなものが、まるで自分で決意したみたいに

何かにこだわって生きているのが馬鹿らしく思えてしまうんだよ。

こんな思考ループからは、さっさと抜け出したいと思いながら

結局ここにたどり着いてしまう。

 

なにを心地よく思うか。それがすべてで、それに従って生きるしかない。

ちがう、ちがう、そんなのは正しくない

いったいいつから自己表現のために描き始めたっていうんだ

そんな記憶はない

インプットが足りないだけ

深い記憶をたどらなければ掴めない。

私が取り戻すべきは傷の痛みじゃなくてもっと古い光の言葉だ。

白紙を前にすればなにも考えずとも手を動かす

ただただそこに向かう余力がないだけで、と言い訳。

ああいや、だから、熱量がないっていうんだよ

向かうだけの熱量が

 

でもそれを責める必要がどこにあるというのだろう。

絵を描かなくても生きていけるようになったんじゃないか

すがらなくても別のことで生きれるようになったんじゃないか

人と会って笑いあうことはこんなにも楽しいと知って、

それで満足して夜眠れる、そんな日々を手に入れたんだ。

 

でもどうしてそれがこんなにも辛いのか

間違っている気がするのか

裏切っている気がするのか

 

誰を?

過去の自分を。

全部捨てて技術を追いかけた日々が

苦渋の決断で捨ててきたものを 憐れにも今、拾おうと屈みこむ今の自分に蹴りを入れる。

 

どうしてそんな日々にとらわれなければならないのか

どうして昔決めたことにしばられなければならないのか

自分で育ててきたものが大きくなりすぎてしまった。

それに飲み込まれて、自分でまったくコントロールできない。

絵を描いてない自分なんて耐えられない。なのに出力されないイメージの数々。

それを捨てるなんてありえない

なのに素直に楽しくて好きと今は言えない。

 

周期の問題か。

そのうちケロッと、やっぱり嘘でした!お絵かき楽しいです!!って言っているんだろうか。

数日後、いや、数時間後にはそうなっているのかもしれない。

憂鬱になるのは今が夜だから。それだけの理由で十分だ。

もともと何でも意欲的にやる方ではない

規則も常識もなにもかもばかばかしくて

でもこんなこと、正直に さらけ出したって

どうにもならない。

 

楽しいこともある

嬉しいこともある

なのにそれを噛みしめて生きる自分を肯定できない

 

何もわからない

どこにもいけない。どこにいようがただの自分だ。

 

時間があったらなにがしたい?

「絵なんて描きたくないさ」

そんなこと口にしたら終わりで、

こんなのは呪いだ

コントロールできず、自己表現に支配されている。

いったいいつから人生を絵に支配されたのか

過集中 忘れたいこと

逃げるように白い紙に向かっていただけ

たまらず嘔吐するように自己表現しただけ。

 

そんなもの好んで見るやつはいない。

そんなのは避けて歩く方が正しいに決まっている。

誰も人の吐瀉物をじろじろ見たりしない。

そりゃ出来ることなら光の美しい絵を描きたい。

でも無理だ。自分には、そもそもそんな世界は見えないんだから。

ただただ重い。誰も肯定しない。こんなものは。

咀嚼しやすいように噛み砕く気力もないんだよ。

今は誰の役にも立ちたくないんだ。