一昨日くらいから絵をかいてます。

今回は結構考え込まずに描けてるかな。

でも自分の手の遅さにうんざりする。

と、いうか本当に時間が確保できない。

やりくりがへたくそなんだよな。

誰かのために自分を犠牲にすることに慣れるとこうなる。

そしてそれをさほど悪いことだとはとらえていないのだ。

近くにいる人が、話を聞いてあげるだけで明日もがんばれるっていうなら

わざわざ絵という遠回りをしなくても、

ダイレクトに人を癒してあげられるならそっちを優先する。

 

でもどうだろう。それは単に習慣的なことで

本当は自分のために生きたいと願っているのだろうか。

満たされることはない。どんな状況になっても。

その中で何を選択する?

自分のためだろうが誰かのためだろうが

そんなことはどっちだっていいんだ。

いつも同じ虚無感につつまれている。何を選んだって変わらない。

ただただ、一人の人間でしかない。動物でしかない。細胞の塊でしかない。

作られたシステムの中で、プログラム通りに動くだけ。

そんなものが、まるで自分で決意したみたいに

何かにこだわって生きているのが馬鹿らしく思えてしまうんだよ。

こんな思考ループからは、さっさと抜け出したいと思いながら

結局ここにたどり着いてしまう。

 

なにを心地よく思うか。それがすべてで、それに従って生きるしかない。