語るべきは
構図・ポージングという枠ではなくて
それを用いて何が描きたいのかということだ。

自分が見たいものを描けばいいんだ

テンプレート化・感情想起装置という言葉に嘆かなくていい。

もっと素直に描きたいものを描くべきだ。