評価されない場所で消費されないものを描いていく

それがたぶん自分には合ってる

表現ひとつひとつに良いも悪いもない。

無意味なものこそ大事にしたい。